福島県で住みやすい地域3選

福島県は東北地方の南部に位置していて東京など関東地方への交通アクセスが良いのが特徴です。県の面積が広いので住む地域を選ぶのに悩んでしまう事も出てきてしまいます。

しかし福島県は住みやすい地域が限定されているのでしっかり把握しておけばすぐに住む地域を見つける事が出来ます。そこで福島県で住みやすい地域を挙げていく事にしましょう。

 

・福島市

福島市は福島県の北部に位置していて県庁所在地にもなっています。

福島駅には東北新幹線や東北本線などが乗り入れていて東京や東北地方北部へ行くのにすごく便利です。家賃相場も福島県の中では高めに設定されていますが、東京など主要都市に比べると安く設定されているので住むのにオススメの地域です。

 

・会津若松市

会津若松市は福島県の中部に位置していて人口が約13万人と比較的静かな街になっています。

しかしショッピング施設が充実しているので日用品の買い物をするのにもすごく便利です。家族で住むだけでなく女性が一人暮らしをするのにも適した地域になっています。。家賃相場も福島市より安く設定されているので住むのにオススメの地域です。

 

・いわき市

いわき市は福島県の南東部に位置していて人口が約35万人と福島県の中で最大級となっています。

 

それにより混雑する事が多くなりますが、商業施設が充実しているので買い物や食事をするのにすごく便利です。またいわき市の主要駅にはJR常磐線が乗り入れているので東京方面への交通アクセスもすごく良いです。東京方面に行く事が多い人はいわき市に住むのがオススメです。

備前三門駅の周辺エリアの物件が良い主たる理由

岡山駅から西側に少し進みますと、備前三門という駅があります。まさに岡山駅から、1駅分になるのです。
ところで岡山に引っ越しをしたいと考えているなら、備前三門駅周辺の物件がおすすめなのです。なぜなら、そこは暮らしやすさのメリットがあるからです。

 

まずご希望の都心部に近いという点は、十分に満たしています。上記でも触れた通り、岡山から1駅となるからです。数駅分も離れている訳ではありませんから、十分に暮らしやすい地域と言えるでしょう。もちろん交通アクセスなどは申し分ありません。

 

それと備前三門駅周辺の物件は、ショッピング関連の施設に大きな特徴があるのです。中でもその駅の南側などは、かなり多くのお店が立地しています。暮らしやすさを考慮すれば、お店の利便性が優れているか否かは軽視できません。便利に買い物できるという理由からも、備前三門駅周辺の物件はおすすめと言えます。

 

ちなみに利便性だけを重視するなら、本来は岡山駅周辺の方が良いのです。ですが、岡山付近では家賃が高めになってしまいます。少なくとも備前三門駅周辺と比べれば、明らかに家賃は高めになるのです。

 

そしてご希望の条件を見る限りでは、家賃がやや低めな物件を探しているようですので、備前三門駅周辺がおすすめなのです。その駅付近ならば、家賃相場もそれなりに低めになっているからです。
このような利便性や賃料などを考慮すれば、やはり備前三門駅辺りの物件がおすすめと言えます。

東京へも移動がしやすい高崎駅周辺がおすすめ

群馬県というと関東の中でも地味な印象がある土地ではありますが、水が美味しくて自然が豊か、なおかつ新幹線を利用すれば東京へもあっという間という利便性の良さがあるところです。

 

特に住むのにおすすめしたいのが高崎市にある高崎駅周辺です。駅から近い物件でもワンルームで3万円台から4万円台前半で見つけられる家賃の安さと物価の安さ、何よりも群馬県内にある交通機関の中では高崎駅は特に便利だといわれています。

 

県内だけではなく首都圏へも移動がしやすく、群馬県は全体的に車がなければ多少不便さを感じるところなので、車を所持していないかたにはなおさらおすすめしたいエリアです。

 

また、高崎駅自体数年前に整備がされてとても綺麗ですし、駅ビルを中心に商業施設も揃っています。ちょっとしたレストスペースやゆっくりとコーヒーを飲めるところ、お店はお土産品から日用品、ファッション用品から家電まで幅広い品揃えなので、周辺に住んでいればまず買い物で困ってしまうことはないでしょう。

 

比較的夜が早いので郊外は暗くなると人が少なくなってしまいがちですが、駅周辺は日付が変わることまである程度のひと気がありますから、一人暮らしの女性などは夜が遅くなっても安心して歩くことができるというのも、駅周辺に住む大きなメリットです。

 

かといって、街自体はごちゃごちゃしておらず、適度に緑も見られて比較的落ち着いています。住み心地がいいことで県内に住んでいるかたにも人気の高い街です。

利便性を考えるなら長野駅周辺がおすすめ

一人暮らし用のワンルームマンションやアパートの家賃が3万円台から4万円台前半で見つけやすいという物価の安い長野市の中でも、利便性を考慮するのであれば長野駅から近いところの住むのがおすすめです。

 

郊外に比べると若干家賃が上乗せされますが、新幹線を利用することで1時間半ほどで東京まで出ることができますし、何といっても県内で一番大きなターミナル駅です。各種路線が乗り入れていることから、どこに行くにも移動には困りません。どちらかというと移動には車があったほうが便利な地域ですので、所持していなければなおさら長野駅近くに住んでいたほうがメリットが多くなります。

 

また、駅周辺には当然商業施設も集まります。駅ビルMIDORI、ながの東急百貨店などの大型施設を始め、西友長野石堂店といったスーパーも点在していることから日常の買い物にはまず困ることがないでしょう。さらに、飲食店も豊富で名物である信州蕎麦が味わえる店舗が多いのも魅力の1つです。

 

商業施設ばかりでごちゃごちゃしているといった印象がないのも嬉しいところで、一歩道を入ると落ち着いた雰囲気のお店が多かったり、大きな公園が各所にあったりとのんびりした雰囲気も併せ持っています。

 

住むところに迷った場合、特に都会からの引越しの場合には、お店の数や移動手段などの利便性を考えて長野駅の近くに住むことをおすすめします。なるべく駅から徒歩圏内にある物件を探すのがいいでしょう。

宮城県に住むなら圧倒的に仙台市の理由

宮城県の仙台市は本州ではもっとも北に位置する政令指定都市です。

仙台以北では北海道の札幌市まで政令指定都市はありません。

 

それだけではなく、仙台市は東北地方の政治と経済の中心地であるばかりではなく、東北地方では交通の利便性が抜群にいいでの東北観光の基地となっています。その為に仙台市ではたくさんの人が住んでいますし、交通インフラや生活インフラはしっかりと整っていますから仙台市ではどこでも住むことに不便という場所はあまりありません。

 

それに、仙台市の中心部を少し離れれば大自然が豊富にありますから、休日もしっかりと充実したものになるでしょう。

 

仙台市の中心である仙台駅は東北新幹線、東北本線、常磐線、仙石線、仙山線のJRの路線のみならず阿武隈急行線、仙台空港線もあり、近辺には仙台市地下鉄南北線、東西線と実にたくさんの鉄道が通っています。東京に出ることもそれほど時間がかかるわけではありませんし、東北各県の都市へもアクセスは容易です。

 

それに東北地方の経済の中心地ですから、転勤で住む人が多いことから仙台駅の周辺は住宅事情も優れています。生活に利便性を考えてみれば、仙台駅から離れていない場所に住むことがお勧めできますが、もちろん仙台駅に近い場所であれば家賃や土地相場もかなり高価になることが考えられますから、利便性と経済性を勘案して選ぶことが必要となってきます。

 

もし、自動車を利用できる環境ならば、少し郊外の家賃や土地相場の安い場所も考慮すべきでしょう。

北海道に住むならば伊達市がおすすめ

北海道に住むならば伊達市がおすすめなのです、位置としては太平洋が展望できしかも観光地としては近くに洞爺湖があります。
洞爺湖は世界ジオパークにも認定された場所でもあり多くの観光客も訪れるところですので自然豊かな場所ですね。

 

また政策で住民を増やそうと住宅地などを増やしているものであるのでメリットが大きいのです、それに北海道の割には寒くないのがいいのです。
そのため雪が積もりにくく雪かきすることのない場所でもあり晴れている期間も多いのです。

 

比較的他の場所からの移住者が多いので古い慣習などなく活気が出てきていると言えますし人口増加に伴い仕事も増えてきていますので働きやすいといえます。

 

そのため生活雑貨の購入もしやすく多くの店舗が出ておりますので困る恐れなど無いでしょう、生活していくには生活費などかかるものですが大きな家賃が抑えられることはその分だけ生活に余裕ができるということですね。

 

またアパートの家賃も安いもので3万円位からありますので部屋の大きさや立地条件などでも変わってきますが高くないのもポイントですね。

 

このように伊達市は住民を増やすためにあらゆる良い条件を備えており人を求めていますので住むには最適だといえることでしょう、生活していく条件を市を上げて取り組んでいるところこそ仕事も生活もしていく上にはよく特に女性ならば安心して生活できる所ではないでしょうか。

 

自然豊かで寒くなく過ごしやすい場所ですので伸び伸びと生活できると思われますね。

静岡県に住むのにオススメの地域3選

静岡県は中部地方と東海地方に含まれていて東京と名古屋の間に位置している県です。

太平洋に面している県なので海もありますし自然も感じられる環境なので快適に日常生活を送る事が出来ます。そこで静岡県に住むのにオススメの地域を挙げていく事にしましょう。

・静岡市

静岡市は静岡県の中部に位置していて県庁所在地にもなっています。

静岡市の中心部の静岡駅は東海道新幹線と東海道本線が乗り入れているので東京へのアクセスもすごく良いです。

静岡駅周辺は駅ビルやデパートも充実しているので買い物もすごく便利です。家賃も東京ほど高くないのでオススメです。

・浜松市

浜松市は静岡県の西部に位置していて人口が静岡県の中で一番多い市です。

浜松市の中心部の浜松駅は東海道新幹線や東海道本線が乗り入れていて名古屋への交通アクセスがすごく良いです。

 

浜松駅周辺も商業ビルは立ち並んでいてショップや飲食店がたくさんあるので買い物や食事を楽しむ事が出来ます。

また浜松市は食文化も盛んで餃子やうなぎパイは全国的にも有名です。家賃も静岡市と同じぐらいなのでオススメです。

・磐田市

磐田市は静岡県の西部に位置していて浜松市と隣接しています。

Jリーグのジュビロ磐田が本拠地を置いている市でもあるのでサッカーファンが多いのも特徴です。

 

また静岡市や浜松市より静かな環境なので落ち着いて生活を送る事が出来ます。

家賃も静岡市や浜松市より2000~3000円安くなっているので金銭面を重視する人は特にオススメです。

千葉県の一人暮らしにおススメしたいのは

千葉から東京まではJRを利用しても20分から30分ほどで行くことが可能なので、東京に学校や職場がある人は、家賃がグッと下がる千葉に住む人も多いと思います。

 

東京で一人暮らしをすれば1K物件の平均家賃は8万円から10万円は普通にかかるのに比べ、千葉県の1K物件の平均家賃は6万円前後となっているので、年間通しての家賃を節約することが可能になります。

 

千葉県に住むのであれば、東京ディズニーリゾートがある浦安市がおススメです。浦安市は観光地や工場が多いので、千葉県の玄関口とも言われており、快速列車も停車する駅なので通勤にも利用しやすいです。

 

浦安市では毎年のように保育園が作られており、子育て支援にも力を入れている市なので、ファミリー層にも人気が高い街で、これからの市の発展が期待できることから、将来的にも利便性の良い地域となること間違いなしです。

 

浦安市の駐車場代は、月1万2千円から2万円程度と他県と比べれば少し高めですが、車なしでも充分生活できる地域です。駅前から少し離れた場所であれば、1K4万円・5万円の物件もあります。

 

一人暮らしの人やファミリー層が多い地域なので、毎年の税収も高いそうで、そのぶんこの市に住む人に対するサービスが厚いそうです。小学校でも約18校と多く、浦安駅から歩いていける距離に医療センターや総合病院もあり、休日は多くの人でにぎわう高洲海浜公園もあるので、2世代・3世代同居にもおススメの地域です。

広島市の中で中区がおすすめの主たる理由

広島市にて住宅をお探しなら、中区というエリアがおすすめです。
そもそも広島市という地域にも、様々な区画が存在します。中区や西区など様々なエリアがある訳ですが、その中でも中区などは、かなり便利なエリアと言えるでしょう。

 

それでご希望の条件ですが、できるだけ都心部に近いエリアが望ましいとお考えのようですから、中区が推奨されるのです。なぜならその地域は、交通の利便性はとても優れています。広島の他のエリアの場合は、あまり交通アクセスが充実していない事もありますが、中区はそのような事がありません。とても便利に買い物をする事ができますし、移動にも非常に便利です。ですから利便性を求めるならば、中区はおすすめエリアと言えます。

 

ただし利便性が優れている分、中区はそれなりに家賃相場は高めです。例えば1LDKほどの間取りですと、この地域では相場が7千円台前半という状況だからです。また2LDKクラスになれば、10万円台前半という状況です。他エリアと比べれば、やや家賃相場は高めである事は間違いないでしょう。

 

しかし中区にある物件も、それぞれ間取りに関する違いはあります。上記は1LDKなど、比較的広めな間取りになりますが、ワンルームなどでは5万円台後半という相場なのです。したがって賃料ができるだけ低めな物件が望ましいとお考えなら、ワンルームで探してみると良いでしょう。

 

しかし賃料は高めでも、やはり利便性は優れています。暮らしやすい地域とは言えますから、中区はおすすめです。

さいたま市のさいたま新都心をお勧めします

さいたま新都心は、さいたま市の大宮駅から電車で2分の場所にあります。さいたま市中央区の北端に位置しています。以前は旧国鉄の大宮操車場があった土地を整備して、2000年にさいたま新都心として街びらきが行われました。

 

ですから、まだまだ街は開発が現在進行形ですし、新鮮さが失われていませんし、住民の年齢層も若いです。それに、街が若いですから、不良のたまり場などは存在せず、治安はとても良好です。

 

さいたま新都心駅の東側には、コクーンシティというショッピングセンターが開業しており大手スーパーや映画館、書店、多くのアパレルショップ、飲食店が入っています。そしてヨドバシカメラも入居しており、日々の必要な買い物はコクーンシティで済ませることができます。

 

また、さいたま新都心駅の西側には2017年1月にさいたま赤十字病院が移転開業しましたので、医療面でも利便性が高くなりました。そして、2017年夏には駅の改札から徒歩1分の場所にホテルやオフィス、保育施設が入居する複合ビルも開業し、ますます街の利便性が高まります。そして駅の西側には、さいたまスーパーアリーナが立地しており、コンサートやフィギュアスケートなどのイベントが開催されると駅の周辺は大変な賑わいを見せます。

 

全国的にも珍しい、発展を遂げ続ける街がさいたま新都心なのです。肝心の家賃ですが、中古の分譲賃貸マンションでもワンルームならば月額5万円台で借りることができます。もちろんエントランスにはオートロックもついていますので、防犯面でも安心です。