北海道に住むならば伊達市がおすすめ

北海道に住むならば伊達市がおすすめなのです、位置としては太平洋が展望できしかも観光地としては近くに洞爺湖があります。
洞爺湖は世界ジオパークにも認定された場所でもあり多くの観光客も訪れるところですので自然豊かな場所ですね。

 

また政策で住民を増やそうと住宅地などを増やしているものであるのでメリットが大きいのです、それに北海道の割には寒くないのがいいのです。
そのため雪が積もりにくく雪かきすることのない場所でもあり晴れている期間も多いのです。

 

比較的他の場所からの移住者が多いので古い慣習などなく活気が出てきていると言えますし人口増加に伴い仕事も増えてきていますので働きやすいといえます。

 

そのため生活雑貨の購入もしやすく多くの店舗が出ておりますので困る恐れなど無いでしょう、生活していくには生活費などかかるものですが大きな家賃が抑えられることはその分だけ生活に余裕ができるということですね。

 

またアパートの家賃も安いもので3万円位からありますので部屋の大きさや立地条件などでも変わってきますが高くないのもポイントですね。

 

このように伊達市は住民を増やすためにあらゆる良い条件を備えており人を求めていますので住むには最適だといえることでしょう、生活していく条件を市を上げて取り組んでいるところこそ仕事も生活もしていく上にはよく特に女性ならば安心して生活できる所ではないでしょうか。

 

自然豊かで寒くなく過ごしやすい場所ですので伸び伸びと生活できると思われますね。

静岡県に住むのにオススメの地域3選

静岡県は中部地方と東海地方に含まれていて東京と名古屋の間に位置している県です。

太平洋に面している県なので海もありますし自然も感じられる環境なので快適に日常生活を送る事が出来ます。そこで静岡県に住むのにオススメの地域を挙げていく事にしましょう。

・静岡市

静岡市は静岡県の中部に位置していて県庁所在地にもなっています。

静岡市の中心部の静岡駅は東海道新幹線と東海道本線が乗り入れているので東京へのアクセスもすごく良いです。

静岡駅周辺は駅ビルやデパートも充実しているので買い物もすごく便利です。家賃も東京ほど高くないのでオススメです。

・浜松市

浜松市は静岡県の西部に位置していて人口が静岡県の中で一番多い市です。

浜松市の中心部の浜松駅は東海道新幹線や東海道本線が乗り入れていて名古屋への交通アクセスがすごく良いです。

 

浜松駅周辺も商業ビルは立ち並んでいてショップや飲食店がたくさんあるので買い物や食事を楽しむ事が出来ます。

また浜松市は食文化も盛んで餃子やうなぎパイは全国的にも有名です。家賃も静岡市と同じぐらいなのでオススメです。

・磐田市

磐田市は静岡県の西部に位置していて浜松市と隣接しています。

Jリーグのジュビロ磐田が本拠地を置いている市でもあるのでサッカーファンが多いのも特徴です。

 

また静岡市や浜松市より静かな環境なので落ち着いて生活を送る事が出来ます。

家賃も静岡市や浜松市より2000~3000円安くなっているので金銭面を重視する人は特にオススメです。

千葉県の一人暮らしにおススメしたいのは

千葉から東京まではJRを利用しても20分から30分ほどで行くことが可能なので、東京に学校や職場がある人は、家賃がグッと下がる千葉に住む人も多いと思います。

 

東京で一人暮らしをすれば1K物件の平均家賃は8万円から10万円は普通にかかるのに比べ、千葉県の1K物件の平均家賃は6万円前後となっているので、年間通しての家賃を節約することが可能になります。

 

千葉県に住むのであれば、東京ディズニーリゾートがある浦安市がおススメです。浦安市は観光地や工場が多いので、千葉県の玄関口とも言われており、快速列車も停車する駅なので通勤にも利用しやすいです。

 

浦安市では毎年のように保育園が作られており、子育て支援にも力を入れている市なので、ファミリー層にも人気が高い街で、これからの市の発展が期待できることから、将来的にも利便性の良い地域となること間違いなしです。

 

浦安市の駐車場代は、月1万2千円から2万円程度と他県と比べれば少し高めですが、車なしでも充分生活できる地域です。駅前から少し離れた場所であれば、1K4万円・5万円の物件もあります。

 

一人暮らしの人やファミリー層が多い地域なので、毎年の税収も高いそうで、そのぶんこの市に住む人に対するサービスが厚いそうです。小学校でも約18校と多く、浦安駅から歩いていける距離に医療センターや総合病院もあり、休日は多くの人でにぎわう高洲海浜公園もあるので、2世代・3世代同居にもおススメの地域です。

広島市の中で中区がおすすめの主たる理由

広島市にて住宅をお探しなら、中区というエリアがおすすめです。
そもそも広島市という地域にも、様々な区画が存在します。中区や西区など様々なエリアがある訳ですが、その中でも中区などは、かなり便利なエリアと言えるでしょう。

 

それでご希望の条件ですが、できるだけ都心部に近いエリアが望ましいとお考えのようですから、中区が推奨されるのです。なぜならその地域は、交通の利便性はとても優れています。広島の他のエリアの場合は、あまり交通アクセスが充実していない事もありますが、中区はそのような事がありません。とても便利に買い物をする事ができますし、移動にも非常に便利です。ですから利便性を求めるならば、中区はおすすめエリアと言えます。

 

ただし利便性が優れている分、中区はそれなりに家賃相場は高めです。例えば1LDKほどの間取りですと、この地域では相場が7千円台前半という状況だからです。また2LDKクラスになれば、10万円台前半という状況です。他エリアと比べれば、やや家賃相場は高めである事は間違いないでしょう。

 

しかし中区にある物件も、それぞれ間取りに関する違いはあります。上記は1LDKなど、比較的広めな間取りになりますが、ワンルームなどでは5万円台後半という相場なのです。したがって賃料ができるだけ低めな物件が望ましいとお考えなら、ワンルームで探してみると良いでしょう。

 

しかし賃料は高めでも、やはり利便性は優れています。暮らしやすい地域とは言えますから、中区はおすすめです。

さいたま市のさいたま新都心をお勧めします

さいたま新都心は、さいたま市の大宮駅から電車で2分の場所にあります。さいたま市中央区の北端に位置しています。以前は旧国鉄の大宮操車場があった土地を整備して、2000年にさいたま新都心として街びらきが行われました。

 

ですから、まだまだ街は開発が現在進行形ですし、新鮮さが失われていませんし、住民の年齢層も若いです。それに、街が若いですから、不良のたまり場などは存在せず、治安はとても良好です。

 

さいたま新都心駅の東側には、コクーンシティというショッピングセンターが開業しており大手スーパーや映画館、書店、多くのアパレルショップ、飲食店が入っています。そしてヨドバシカメラも入居しており、日々の必要な買い物はコクーンシティで済ませることができます。

 

また、さいたま新都心駅の西側には2017年1月にさいたま赤十字病院が移転開業しましたので、医療面でも利便性が高くなりました。そして、2017年夏には駅の改札から徒歩1分の場所にホテルやオフィス、保育施設が入居する複合ビルも開業し、ますます街の利便性が高まります。そして駅の西側には、さいたまスーパーアリーナが立地しており、コンサートやフィギュアスケートなどのイベントが開催されると駅の周辺は大変な賑わいを見せます。

 

全国的にも珍しい、発展を遂げ続ける街がさいたま新都心なのです。肝心の家賃ですが、中古の分譲賃貸マンションでもワンルームならば月額5万円台で借りることができます。もちろんエントランスにはオートロックもついていますので、防犯面でも安心です。

初めての京都の移住先はどこがオススメ?

日本の中でも特に古来からの歴史を感じる街と言ってもいい京都
観光だと見所は多いけれどいざ住むとなると何処がオススメかが紹介しにくいです。
そんな声に答えて今回は初めての京都の引っ越しでオススメな地区を3つ程簡単にですが紹介していきます。

「京都市」

五重の塔から京都タワー等日本の昔と今がそびえ立っている街の一つでもあり京都の中心部でもある京都市

 

中心だけあって交通網は発達しており電車やバスの本数の多さは勿論ですが近年では中心部故に慢性的な渋滞や地球温暖化対策の一環としてレンタサイクル(自転車の貸し出し)も活発に行われ観光のみならず日常生活でもスムーズに行き来でき体の体力作りにも一役買い休日はレンタサイクルでショッピングやグルメ等でぶらり京都を観光なんてプランも立てやすいです。

「舞鶴市」

こちらも京都市に徐々に追いついて来てるかのように日々の街の発展が目覚ましい街でこちらは古くから軍事・行政の中心都市と言われていましたが近年では大型ショッピングセンターの「らぽーる」「バザールタウン舞鶴」と言った大型商業施設の立地が目立ち舞鶴も京都へ引っ越すならオススメ地区であります。

「福知山市」

上2つに比べると賑わいはやや劣りますが逆に言えばその分静かなので騒がしい所は嫌だが田舎程静かなのも嫌と言う間ぐらいを求めている人には最適な街です。

 

劣ると言ってもロードサイド系商業施設や交通網等はしっかりと完備はされており初めての京都生活に選んでも不自由はない地区としてオススメできます。

 

今回はこの様になります。簡単な紹介で申し訳ありませんが少なくとも要点だけは伝えれてたと思いますのでこれを参考に京都の移住先を探してみては如何でしょうか?

神奈川に住むなら東京に近い市を

神奈川は東京の隣の県として、通勤に便利な場所として知られています。

 

そんな神奈川でおすすめの場所は、やはり川崎市か横浜市でしょう。
まずは、川崎市であれば、川崎駅周辺はどんどん開発がなされており、車の便も電車やバスの便もよくなっただけでなく、ショッピングセンターがたくさんでき、娯楽の面でも楽しい町として知られています。

 

東京へも電車1本で行けるということで、通勤にも便利ですが、あまり治安は良くないのです。
ですので、川崎市に住むなら、東京へも電車1本で行ける、高津区や中原区辺りが住宅地で落ち着いているのでお勧めです。

 

また、横浜市は日本で2番目に大きな都市として栄えています。
その横浜市内に住むのであれば、港北区がおすすめです。
港北区は、横浜北部の中でも川崎と東京都に近い場所なので、交通の便がとてもよく、渋谷にも横浜にも1本で行けますし、何よりも、住宅地として大人気のエリアであり、学校なども充実しているのが、特にお子さん連れのファミリー層にはぴったりですし、日吉や綱島辺りは一人暮らしの方にも便利なスーパーやアパートなどが充実しています。

 

家賃もリーズナブルな価格から、ちょっと高めのものまでとそろっていますが、大体5~7万円台で借りることができます。
東横線沿線が特に人気のスポットで、交通アクセス良好の場所なのでおすすめですし、商店街なども充実している駅が多いので、生活面でとても充実できるでしょう。

大阪の要となる難波がおすすめ

大阪の要となる場所と言っても良いのではないでしょうか。
それが、難波です(駅名はなんば駅、もしくは大阪難波駅となります)。

 

この難波は、大阪浪速区に位置するのですが、このエリアは、ダントツでみんなが住みたい、特に何も大阪を知らないという人にはぴったりな場所なのです。
その理由は、難波駅というのは一言でいえば何でもそろっていて、何にでもアクセスが良いということが言えます。

まず、難波駅には高島屋やマルイなどのデパートがあります。
その他、地下街にはたくさんのお店やカフェが並んでいるので、駅の中から出ずとも買い物やご飯を食べることができるというメリットがあります。
もちろん、普通のスーパーも駅から出ればたくさんあります。

 

そして、難波駅は何が良いかというと、アクセスが良いということです。
南海本線、高野線、大阪地下鉄御堂筋線、四つ橋線、千日前線、近鉄難波線、阪神なんば線、JR関西本線と8つも路線が走っているので、どこにも行きやすいのです。
さらに、難波駅から外に出れば、観光地としても有名な道頓堀やアメリカ村などへ歩いていくこともできるほど便利なのです。

この地域というのはやはり人気スポットなので、家賃相場は他の地域よりは上がるかもしれませんが、難波駅から歩いて行ける範囲で4万円台からありますので、そこまで高いという値段ではありません。

 

ネットでもたくさん家賃が安い物件からちょっと値段がはるものまで簡単に探すことができます。

東京へ上京して住むなら西部の市に注目

東京に上京する場合、どこに住めば良いのかは悩ましいです。土地勘がないと家賃相場の目安すらわからないのでとても困ってしまいます。

 

まず東京で住まい探しをするのに23区かそうでないかは、非常に重要です。23区内は東京都心へのアクセスが非常に良いのでできればそこに住むのが理想です。ただしその分家賃は高めですので、23区内にこだわり過ぎるとよほど収入のある仕事をしない限り生活するのがきつくなってしまいます。

 

そこでおすすめは、三鷹市、国分寺市、小金井市、武蔵野市などの市です。これらは電車の場合中央線沿線になるので新宿までのアクセスが良く、それでいて家賃はそれほど高くないので狙い目です。

 

最近では23区内でないこれらの市も人口が増加してきているので、アパートやマンションの家賃が格安というのはさすがに望みにくいです。ですが、それでも23区内に比べればまだ庶民的な家賃になっていますので、まずは候補に入れておきたい地区です。

 

また、これらの地域は公園など緑の多い施設が充実しているので、自然を感じられるのも上京してくる人にとっては安心できます。いきなり都会のコンクリートジャンルで生活するのは息が詰まってしまいますので、とりあえず市に住んで東京に慣れることも大事です。

 

さらに、これらの市なら新宿や渋谷や池袋のように繁華街がネオンだらけで騒々しいということもないので、遊ぶには多少物足りないかもしれませんが住むには絶好です。ですので、三鷹市、国分寺市、小金井市、武蔵野市などの市は上京して住むのに向いています。

私の経験から引越しはこの方法が1番安く上がります

私は今まで何度も引越しを経験しています。
業者を頼んだ事もありますが、何と言ってもこの方法が安上がりです。

 

まず、引越し荷物は自分でまとめること。梱包するという事ですね。
それを詰めるダンボール箱ですが、業者を頼めばその分も多分料金に入っていますからくれますが、自分でやる場合はスーパーへ行って空箱を貰ってくる。もしくは近所のお店でダンボールが沢山出るところを見つけて、そこから貰ってくることです。

 

喜んで持って行っていいよと言われますよ。
ダンボールを出すのは結構大変ですから。
沢山になるとゴミ回収、資源ごみ回収では持って行きません。

 

そして、運ぶトラックですが、私の場合は当時飲食店を経営していたので、おしぼり屋の男の子に頼みアルバイトをしてもらいました。トラックも貸してねと頼んで。
トラック代とその子の人件費込みで当時1万位でやって貰ったと思います。引越し先も近所だったこともあります。
2往復位はしたと記憶しています。

 

その前に引越した時は、トラックは一台は夫の友達が貸してくれて、もう一台はレンタカーでした。運び屋さんは夫の友達3人でやってもらいました。
その時は千葉県から埼玉県まででしたが、アルバイト料は払っていません。
お昼をご馳走した位です。

 

夫の友達はみんないい人で、夫もまた友達を助ける事もあるので持ちつ持たれつの関係です。
これほど安く上がる引越しは他にはないと私は思います。

 

ただ、そういう人脈がないと難しい事は確かですよね。
引越しには数人の男手が必要です。
人脈のある人はこの方法で引越しを考えてみたら如何でしょうか。