東京へ上京して住むなら西部の市に注目

東京に上京する場合、どこに住めば良いのかは悩ましいです。土地勘がないと家賃相場の目安すらわからないのでとても困ってしまいます。

 

まず東京で住まい探しをするのに23区かそうでないかは、非常に重要です。23区内は東京都心へのアクセスが非常に良いのでできればそこに住むのが理想です。ただしその分家賃は高めですので、23区内にこだわり過ぎるとよほど収入のある仕事をしない限り生活するのがきつくなってしまいます。

 

そこでおすすめは、三鷹市、国分寺市、小金井市、武蔵野市などの市です。これらは電車の場合中央線沿線になるので新宿までのアクセスが良く、それでいて家賃はそれほど高くないので狙い目です。

 

最近では23区内でないこれらの市も人口が増加してきているので、アパートやマンションの家賃が格安というのはさすがに望みにくいです。ですが、それでも23区内に比べればまだ庶民的な家賃になっていますので、まずは候補に入れておきたい地区です。

 

また、これらの地域は公園など緑の多い施設が充実しているので、自然を感じられるのも上京してくる人にとっては安心できます。いきなり都会のコンクリートジャンルで生活するのは息が詰まってしまいますので、とりあえず市に住んで東京に慣れることも大事です。

 

さらに、これらの市なら新宿や渋谷や池袋のように繁華街がネオンだらけで騒々しいということもないので、遊ぶには多少物足りないかもしれませんが住むには絶好です。ですので、三鷹市、国分寺市、小金井市、武蔵野市などの市は上京して住むのに向いています。