荷造りは余裕を持って一ヶ月以上前から始めましょう

荷造りのポイントは、できるだけ早く作業に取り掛かることです。専業主婦のかたの場合にはある程度余裕がありますが、共働きの場合にはなかなかまとまった作業時間を取りにくくなってしまいます。

家族で引っ越しをしなければならない場合には、荷造りしたダンボールの量が2桁では済まないこともあるのです。それだけ荷物を詰めなければなりませんから、なるべく1ヶ月以上前から準備に取り掛かるようにしてください。

 

どこから手をつけようか悩むところですが、まずは使用頻度に低いものから始めます。最初に押入れや物置などの収納の中から手をつけていきましょう。そこで古いもの、不要なものは積極的に捨てて荷物を減らします。

いるものだけを箱に詰めて、邪魔にならないようにまた元あった場所や使っていない部屋に仕舞っておくようにしてください。ダンボールを積み上げていく際には、重たいものを下にして布団などの軽いものを上に置くようにするのもポイントになります。

 

食器などの日用品や本棚の本などは、日頃使わない分をコツコツダンボールに詰めていく作業をしていってください。使用している分は最後に詰め込めば問題ありません。同様に食材なども引っ越しの日までに全て片付けるようにしなければなりません。

冷蔵庫は前日には電源を抜いてキチンを霜取りをしておくのが安全です。タンスの中身に関して引っ越し業者によってはそのまま運んでくれますので、依頼をする際に聞いてみましょう。そのまま運び出すのが可能であればかなり手間が省けます。

 

最後に忘れてはいけないのはご近所への挨拶です。一家で引っ越す場合には、準備をしながら手が空いた日に管理人や両隣三軒程度は挨拶の品を持って伺うようにしてください。挨拶品は1000円程度のもので充分です。

引越し一括見積もりサービスを利用して賢い引越しを

 

引越しをあまり考慮することなしに引越し業者を決めたりしていないでしょうか。

インターネットを利用すれば、複数の引越し業者の見積もりを一度の入力をするだけで一括で取れるサービスがあります。引越し費用を安くあげたいとかそれぞれの引越し業者のサービスなどを比較したい時には是非とも利用したいサービスです。

 

引越し一括見積もりサービスを利用するコツは3つあります。
一つ目は引越し一括見積もりサービスを利用するときには見積りを出してくれる業者が大小のバランスが取れているサイトを選ぶことです。値段で勝負する中小の引越し業者とサービスが優れている大手の業者とを比較するのに便利だからです。

 

二つ目は自分たちの優先する事項は何かを考えて、引越し一括見積もりサイトを利用しましょう。何よりもコストがかからないことが優先するのか、コストはある程度かかってもいいが、なるべく楽に引越しをしたいのかある程度決めてから比較をすべきです。

 

最後には引越し一括見積もりサイトで見積もりを取ることは可能ですが、条件などによって見積もりが変化する可能性があることを知っておくべきです。引越し一括見積もりサイトでは厳密な条件を入力することは少ないですから、見積もりは変わってくることもあるからです。

 

引越しに関しての情報などを手に入れることができますから、実際に利用するかどうかは別にして引越し一括見積もりサイトを利用して賢い引越を心がけましょう。