宮城県に住むなら圧倒的に仙台市の理由

宮城県の仙台市は本州ではもっとも北に位置する政令指定都市です。

仙台以北では北海道の札幌市まで政令指定都市はありません。

 

それだけではなく、仙台市は東北地方の政治と経済の中心地であるばかりではなく、東北地方では交通の利便性が抜群にいいでの東北観光の基地となっています。その為に仙台市ではたくさんの人が住んでいますし、交通インフラや生活インフラはしっかりと整っていますから仙台市ではどこでも住むことに不便という場所はあまりありません。

 

それに、仙台市の中心部を少し離れれば大自然が豊富にありますから、休日もしっかりと充実したものになるでしょう。

 

仙台市の中心である仙台駅は東北新幹線、東北本線、常磐線、仙石線、仙山線のJRの路線のみならず阿武隈急行線、仙台空港線もあり、近辺には仙台市地下鉄南北線、東西線と実にたくさんの鉄道が通っています。東京に出ることもそれほど時間がかかるわけではありませんし、東北各県の都市へもアクセスは容易です。

 

それに東北地方の経済の中心地ですから、転勤で住む人が多いことから仙台駅の周辺は住宅事情も優れています。生活に利便性を考えてみれば、仙台駅から離れていない場所に住むことがお勧めできますが、もちろん仙台駅に近い場所であれば家賃や土地相場もかなり高価になることが考えられますから、利便性と経済性を勘案して選ぶことが必要となってきます。

 

もし、自動車を利用できる環境ならば、少し郊外の家賃や土地相場の安い場所も考慮すべきでしょう。