東京での一人暮らしにおススメの二つの街

何かと不安な一人暮らし。
東京は物価も高めですし、出来れば家賃は抑えたいですよね。
便利さで言えば京王線沿線の地区がおすすめです。
閑静な住宅街が多い京王線沿線は、都会のごちゃごちゃした感じに慣れていない方でもなじみやすいと思います。

 

特に家賃が下がってくるのは府中市あたりでしょう。
新宿まで25分とかなり近いうえ、JRの駅も近いです。
また駅には大型のショッピングセンターもありますし、商店街も充実。
休日は都心に出なくても、駅周辺で必要なものがそろうので安心です。
一人暮らしのワンルームでしたら5万円台でも探せます。

 

緑いっぱいの公園や神社などもあり、仕事で疲れた時にはちょっと散歩してリフレッシュも可能な住みやすい街と言えます。
もう一つは中央線の沿線です。
家賃の安い部屋が探しやすいという点では優れていると思います。

 

特に中野、高円寺、阿佐ヶ谷あたりでは新宿まで10分少々で出られます。
お部屋の設備や築年数を問わなければ3万円台といったような物件もあります。
この地区はバンドマンや学生などが多く、そういう人でも住みやすいようなお部屋が他の地区より多くあります。

 

また中野、高円寺、阿佐ヶ谷は商店街が充実しているので買い物なども便利ですし、人情味ある街ですので、
東京の殺伐とした雰囲気というよりは、人のぬくもりがありあたたかく住みやすい街でおススメです。
気になる病院などもクリニックが多いですが駅周辺にはかなりの数があるので安心です。