引越し手伝いサービスを受けられる3つの方法

一人暮らしで仕事をしていると、引越しの準備を全て終えられないというケースがあります。

そこで引越しを手伝ってくれるサービスを利用することになるのですが、上手に活用すればお得にサービスを受けられて引越し料金も安くなる場合がありますので、慎重に業者を検討すると良いです。

 

そこで引越し手伝いサービスを提供している主な業種を3つ挙げていきます。

 

引越し業者のハイグレードプラン

ilm2007_04_0103-s

まず一つ目は「引越し業者」で、プランの中に「らくらく」や「プレミアム」などの名称でハイグレードなプランがあります。

これは転居先へ運搬をするだけでなく、荷物の梱包から荷解きまで全てをスタッフが担当してくれるのです。

もちろん料金はプラスされてしまいますが、見積もりの段階で交渉をすれば割引してもらえる可能性があります。

 

リサイクル業者の出張買取

idt068a-s

次は「リサイクル業者」に依頼する方法です。

全ての業者ではありませんが、引越しを手伝いながら買取のための値付けをしてもらえることがあり、うまくいけば収支がプラスになることもあります。

さらに買取ってもらうことで荷物量を減らせば、引越し会社に支払う料金も安くなります。

 

便利屋の引越し手伝いサービス

clcl115-s

最後に「便利屋」の引越し手伝いサービスを活用する方法です。

コンピュータなどの機械類を転居先ですぐ使えるよう上手に梱包してもらえたり、敷金を返還してもらえる程度まで部屋の清掃を行ってもらうことも可能です。

片付かないまま大家が清掃業者を依頼したのでは敷金が戻らないこともありますので、引越し手伝いサービスを利用したほうが結果的に得をすることがあるのです。

 

引越し手伝いサービスの費用計算方法

 

ilm01_ac03009-s一人暮らしなどの場合、引越しを行う場合に確実に足りないのが人手です。

引越し業者に頼めば良いのですが、一人暮らしの場合でも費用が高くつくため利用するのをためらってしまいがちです。

 

一応、単身引越しパックのようなサービスは行っていますし、そちらを利用すれば金額は安く済むのですが、あくまでも単身用のサービスですので、運べる荷物が押入れ一段分くらいしか運べませんから、結局通常の引越しサービスを利用することになるでしょう。

 

なんとか費用を安く引越しをしたい、こんな時に役に立つのが便利屋などの会社が行っている引越しのお手伝いサービスです。

どの会社でも同じようなサービスで、「荷物を運ぶ車両費用+引越しを手伝った時間×作業員の人数」が必要な費用となります。

 

車両の費用は3,000円~5,000円くらいで、作業の利用金額は一時間3,000円程度が一般的な金額になっています。

これに運搬費(出張費)が作業員1名につき2,000円ほどかかります。

 

例えば、作業時間3時間で作業員1名の場合、車両費用3,000円+作業時間3,000円×3時間+出張費2,000円=14,000円の費用が必要になります。

もし作業員が2名だった場合には車両費以外が単純に2倍になります。

 

荷物が少量で、作業員の人数も要らず、時間も短時間で済むのであれば確実に引越し業者よりも安く引越しを行うことが可能になります。

しかし、荷物の量が多く作業員も大人数になり、時間もかなりかかるようであれば、逆に引越し業者を利用したほうが安く済むことも考えられます。

 

自分の引越し荷物の量、引越しにかかる時間などを考慮したうえで、引越しのお手伝いサービスを利用すれば良いのではないでしょうか。